幸せへの階段!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

第9話 切り札は最後まで。

第2回目の調停では、わたしが悪意の遺棄をされたと主張しました。それで、不貞のことも私への裏切りも全部、調停員さんに話してありましたし、陳述書にも上申書にも完全に無視していると告げました。無視がいじめの、暴力の最たるものだとの主張に女性の調停員さんは同調してくれて、それから私の見方になってくれました。
そして、何回かのやり取りのうち、高額な養育費の請求やら合わせたいだのうそばっかり言っていたようで、調停員さんがはっきりと「奥さんの言うことは一貫性が無くて信用できないところがあります。」と私につげました。元嫁は元来、うそつきですからそれはそうでしょう。調停員にまでそういわれるとは、ある意味すごいですけど。
このままだと狭い世界でしか生きられないでしょう。もうどうでもいいことですが。
そして、勝手に親権の主張と苗字を変えると言ってきました。
しかし、納得できません。
とりあえず、次回までに考えますとだけ答えてそして終了しかけたとき、私はあることを相手に伝えてもらうことにしました。
私は、民事再生法により民事再生を開始したと。住宅ローンの大部分をそちらが背負うことになると・・・。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


住宅ローン破綻者にならないための15の掟

住宅ローンで迷ったり、悩んだりするのは無理もありません。住宅を購入することは一生に1回の事なので、知識や情報不足からどうしていいか不安。専門用語はわからないし勉強するのもメンドウだし・・・ということで、その道のプロに頼ろうとするのが自然です。しかし頼ろう [続きを読む]

住宅ローン破綻や住宅ローン地獄からあなたを守ります / 2006年12月18日(Mon) 01:07


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。