幸せへの階段!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

第4話 最後の捨て台詞

私は、仕事の準備のために帰宅していました。
そして、元嫁は夕飯を届けてきたのです。

その時、無職の癖に3ナンバーの車を乗りまわし遊んでいる義母親を支援するため話し合いをするからと言い出しました。
その前に、一度ダバコを吸ったこと、うそをついたことを謝れといいました。そして私は、不倫相手に文句をいいに行くと告げました。

泣き叫び、言葉にならない言い合いをしました。
そして最後に私は、「なら俺に保険をかけろ、相手殺して俺も死んでやるから、その保険金で親見ろ!」と。

すると、元嫁はこう言い放ちました。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。