幸せへの階段!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

アフェリエイト設置のお知らせ

大変多くの方にこのブログを見ていただき、ありがとうございます。

お気付きの方もいらっしゃると思いますが、アフェリエイトの設置を行っております。

私は今、このブログの話どおりに司法を味方に付け理不尽な元嫁、その一族と戦っています。この一族の中には裏社会に通じるものもいて、身の危険も時として味わっています。

私は、子供にも合わせてもらえません。養育費には強制執行の権利があるにも関わらず、面接交渉権にはありません。あまりにも一方的な法律です。父親の権利に対しては母性優先主義のため、理不尽な相手にも関わらず軽んじられていると思っています。
故にこの戦いは、今現在の日本の法律における父親の権利があまりにも不利かつ不公平な扱いであることへの戦いでもあります。

ご存知のかたも多いでしょうが、司法を味方に付ける。弁護士を雇ったり、司法書士に相談したりということにはお金がかかります。
個人でも私は民事再生法の適用など、自らを犠牲にしても相手の理不尽さを主張し、相手の理不尽さを徹底的に明らかにしていっています。
社会的な報復ということではなく、正当な権利が軽んじられ、愛しい我が子にも会えず、親権についてもどういう形でもあれ、母親が強い。当たり前だと思うのではなく、本当にそれが正しいのか?ということが軽んじられているという事実と戦っていくために私は、力を尽くします。
その力を借りる方法、資金調達の手段として、アフェリエイトという方法を使わせていただくことにしました。

父親の権利の主張、これこそ、私のブログを始めた最初の理由であり、最大の目標です。いまや、世界の共通の問題となっている反捕鯨運動もイギリスのたった一人の青年の主張から始まったのです。私も父親の権利を主張し、認めてもらう運動をしています。賛否両論あるでしょうが、子供を正しい未来へ導くことができないにもかかわらず、単一に母性を重視することは、問題だと思います。私は今、行政書士の資格取得、司法書士の資格取得の勉強をしています。私と同じ悩みや不安を軽くできる士業者になりたいと思います。理不尽さと戦っていくことが私の宿命と考えています。

ご不快に感じるかもしれませんが、私たち父親の権利の主張のためご協力をいただければ幸いです。











スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。