幸せへの階段!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

第18話 幸せものの私。

幸いにして、少しの蓄えと保険、高額医療の払い戻しやらでいくぶんかの余裕がありましたが、入院費やら少し実家が援助してくれました。

家族親戚一同は、向こうに対して怒りと恨みしか持っていません。しかし、冷静かつ常識的な物事の考えを持っている人が多く、その方たちの助言が今の私を助けてくれています。

民事再生をすることを告げたときも良い司法書士さんや行政書士さんを紹介してくれました。
本当にこの一族に生まれてよかったと思います・・・。

その中で一人の司法書士さんとめぐり合いました。そして、数回の話し合い後、正式に契約をし、サポートしてもらっています。温和で人当たりのよさそうな司法書士さんですが、結構凄腕と言う話でした。

費用は、うちの祖父が援助してくれました。お前は生活に必要なものがあるだろうとそれ以外でも援助してくれました。

可愛がっていたひ孫に逢いたいだろうという想いが痛いほど解ってきましたが、彼はそんなこと一言も言わず、孫も可愛かったが、ひ孫はもっと可愛いといっていたのに・・・。日ごろの生活も援助してくれていました。そんな恩もあいつらは、無視して誤りもせず、ただ自分たちは被害者だという顔をできるそんなやつらが憎くてたまりませんでした。

悔しくて申し訳なくておお泣きしました。

そして、心機一転とすべてのものをあたらしいもので揃えました。ただ、TVとか高価なもののはまだ無理でした。安物を探してはそれでも値切って買ってきました。

その内、、少しずつ余裕ができたら彼らに恩返しをしなければなりません。彼が生きているうちにあたらしい嫁とひ孫を見せてやりたいと強く願っています。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

良かったですね

>本当にこの一族に生まれてよかったと思います・

これ、私も自分の家族、親戚をみてそう思っています。
新しい嫁さん見つけて、自分の家族に見せたいですよね?

私もそう思います。
そして、これで良かったと納得したいですね。

お互い相手と相手の一族には、手を焼きましたね(^^ゞ
私は、もう2度とあいたくないですよ、元妻とその一族には。

私の中では、もう相手も相手の一族も、死んだことになってますけどね。

ジャスティス | URL | 2006年12月22日(Fri)00:09 [EDIT]


離婚経験がある者として、毎日拝見させていただいてます。

経験者の私からも一言、

>幸いにして、少しの蓄えと保険、高額医療の払い戻しやらでいくぶんかの余裕がありましたが、入院費やら少し実家が援助してくれました。
>費用は、うちの祖父が援助してくれました。お前は生活に必要なものがあるだろうとそれ以外でも援助してくれました。

やさしく、理解あるおじいさんですね。
やっぱり、離婚する時に後押しをしてくれる人がいると、強くなれますね。

>そして、心機一転とすべてのものをあたらしいもので揃えました。

でも、甘えすぎぢゃね?

最後に一言。最近の管理人さんのブログ内容について、

まぁ、元嫁の不貞が原因での離婚ということで、相手への憎しみが大きいかもしれませんが。
では、不貞にいたるまでの過程は考えて見ましたか?
嫁に対しての自分の態度は、どうだったのか、よかったのか?
私は、離婚後に気づき、後悔もしました。
また、元嫁は、自分の都合のいいようにしか話をしないと以前書いてましたが、これは、そうだと思います。誰だって離婚する際は、自分の見方につけようと、いいようにしか言いません。このブログも、そう見えないことはないですよ。

離婚というのは、双方になんらかの原因があってするものだと思います。(個人的な考えですけど。)でも、離婚もいい人生経験だと思いますよ。(信じられないぐらい疲れますが・・・)

ただ、所詮は他人。結婚生活というのは、折り合いが大事だと思います。

この経験を生かして、新しいいい人見つけてくださいね。

長文 失礼しました。

名無しが通りますよ | URL | 2006年12月22日(Fri)09:35 [EDIT]


コメントありがとうございます。

ジャスティスさん>
そうですね。本当に相手の一族とは会いたくないです。
お互いいい人とめぐり合えるようがんばりましょう。

名無しが通りますよさん>
ウチの祖父にはほんと頭が上がりません。いま、うつで悩んでいる時もそっとしておいてくれます。

全てのものあたらしくしたけど、全部が全部じゃないですし、こっちは殆ど自分でそろえました。

結婚生活中、確かに元嫁への接し方など問題があったと反省しています。優しくしていればつけあがる性格でしたしやれば出来るヤツと信じていたのを裏切ったのですから、憎らしいのは当たり前です。

今後この経験は充分生かそうと思います。

ふぁいなる@管理人 | URL | 2006年12月22日(Fri)11:51 [EDIT]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。