幸せへの階段!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

第32話 全面対決

「被害届を出します。」
私は、私服警官に告げました。所定の様式を私服警官が提示します。
必要なところを記入し、印をつきました。

「でも、刑事課が事件として取り上げられないかもしれませんよ。」
私服警官が言います。
「それでもいいです。私は、足跡を残したい。」
そう告げました。

その後、いろいろと話をし、警察署を後にしました。
虚しさと達成感が交錯する妙な心境でした。

そして、その夜、実家に泣きながら電話があったそうです。祖父が可愛そうだから近日中に娘に会わせると・・・しかし、次の日には鬼のような声で「養育費が振り込まれていないのはどういうことか?」と怒鳴り込んできたそうです。
私には直接何もできないくせに今度は実家を攻撃し始めました。

私は、私のことを攻めるならまだしも、家族をしかも今まで向こうの家族よりも金銭面も環境面もすごく大切にされてきたはずの家族をそうやって裏切り攻撃することは許せません。会わせるとの約束は、いまだ持って果たされては居ません。元嫁、元嫁の一族の嘘つきぶり舌筆に尽くしがたいものがあるのは、このブログを見ていいていて頂いてる方には良くわかることでしょう。

話の途中ですが、今日、例のやくざもんと不期遭遇戦となりましたが、大人の対応をしてきました。心の中の燃え盛る炎を押し付け冷静に。うましかは都合のように利用してやると冷徹な心で思っていました。

祖父から、やることはやれと言われていたので早速ネットで振り替え、それからは攻撃はやみました。とりあえず、毎月振り込んでいます。

そして私の反撃の幕が上がっていくのでした。
幸いにも私は多くの味方がいました。助けてくれました。
その中でも、Kさんと司法書士の先生は、特に親身になってお世話をしてくれました。そのお二人が私の軍師兼指南役でした。

ただ、元嫁への攻撃には私も痛みを伴わなければならないのでした。

人気blogランキングへ←クリックしてください!元気が出ます!









スポンサーサイト

PageTop

第31話 警察署にて

ドアの向こうから、聞こえる女性の声に聞き覚えがあります。

体中から血の気が引き、心臓の音だけがばっくんばっくんと鳴ります。

「すいません、少しお持ちください」

私服警察官がドアを開きます・・。

中には若い女性と中年の女性が2人居ました。しかし、私の立ち位置からは全然中は見えません。

しかし、向かいの席に座った中年の警官が目に入ってきました。
「今先客だから、そっちで対応してくれ。」その警官は、私服警官に言いました。

私は、勇気を振り絞って一歩前に出ます。あいつらではないのか?私をDV加害者に仕立てているのではないかと疑っていました。

ちらりと中を見ます。
細りとした足、明らかに元嫁ではありませんでした。
体中の筋肉が硬直していたのが一気に緩みました。気が遠くなっていく気がしました。

そして、私服警官はドアを閉めはす向かいのドアを開けました。
中は、会議室のようです。

「しばらくお待ちください。」私服警官は出て行きました。

握った手を解いてみると、じっとりと汗をかいていました。

私服警官が帰ってくるまで、安堵というかなんともいえない気持ちでした。

ドアが開き、私服警官が私の対面に座りました。

「さて、どういったご相談ですか?」私服警官が私に問います。

「実は離婚問題が拗れてまして、今日、仕事場にやくざもんをつれて乗り込んできたのです。脅迫され、ものも投げつけられました。」と洗いざらい話しました。

私服警官は静かに聴いています。

私の話が終わると開口一番、
「被害届を出しますか?今までの話を総合すると事件として立件するのは難しいかもしれませんけれど・・・」と言いました。

私は、考えました。
被害届を出すことで私に逆恨みしてこないかと・・・。
そして私は決断しました。

人気blogランキングへ
↑人気ブログだいぶ上位に入ってきました!!!もっと頑張りますので応援よろしく!!!









PageTop

第30話 そして警察へ。

あいつらが去り、職場も落ち着きを取り戻したことを確認した私は、一度裁判所によりことを保留しました。

そして・・・。

私は警察へ行くことを決意しました。あいつらは絶対許せない。特に馬しか親子とT建設のやくざもん社長。

こいつは、私と元嫁の間に入って、仲裁しようとしたにもかかわらず、途中で手のひらを返したように私の話は聞かず、一方的に元嫁だけを弁護し始めました。

ああ、こいつは信用したらいけなかった・・・。思い返せば家を建てるときも騙されていることに気がつきました

Y代議士の権力を傘にきて、好き勝手している寄生虫のような人間だったと。

今思えば、事を長引かせて、娘の親権が元嫁に行くように時間稼ぎをしていたようにしか思えません。

私は、人間不信になるに十分な裏切りを受けました。と同時に、世の中信用してはいけないという人間が確かに存在していること。そして、それは極近くに居たことを。自分の甘さを痛感しました。私はなんて馬鹿なんだ・・・。

私は、許すことができない・・・。私の正義があいつらの身勝手、無法を許すことができませんでした。

一路、警察へ車を走らせます。気がつけば、歯を食いしばっている自分が居ました。血が出るくらい歯を食いしばってハンドルを握っていました。

地元の警察は、新しく新設した庁舎へ移っていました。
新しく舗装されたアスファルトの駐車場へ車を止めます。

新しい庁舎を見上げ、一歩一歩、前へ進んでいきます。
自動ドアをくぐり、受付にとりあえずどこへ行けば良いかを尋ねました。

「相談室は2階です。そちらの階段から・・・」

私は、すぐさま2階へ上がりました。

「相談室はこちらでいいんですか?」

階段を上がったすぐの部屋へ、入るなり私は切り出しました。
すると一人の私服警官が、

「相談室はこちらではないんですが、ご案内します。」

そして、角を曲がったひとつの扉の前に案内されました。
中から人の話し声がします。女性が2人してDVを訴えているようでした。

一瞬、寒気がしました・・・・。まさか、やつらが・・・。
血の気が引くのを感じてきました。

そして、私服警官がドアを開きました・・・。

人気blogランキングへ
↑人気ブログ、だいぶ上位に上がってきました!!頑張っていきます。応援してください!!









PageTop

第29話 恐怖の午後 その4

できないものはできない。あんたらの土俵で戦うつもりはない。
それが私の信念でした。

こいつらが、ここにやってくる数日前、最後通告を突きつけていました。配達記録郵便で。受け取ったことを確認するためにここまでしました。

内容は、まず、あんたらのしたこと、こっちの誠意を無視してきたことを一族郎党とも許さないということと、こっちは民事再生したりして完全にあいつらと別離するということ、その負担が自分たちに降りかかってきてそれを私たちのせいにするだろうが、それは間違いだということを皮肉と憎しみを込めて書き綴ったものを送りました。

はっきり言って、もうあいつらは迷惑以外の何者でもなく、もう関わりたくないし、私は私の人生に軌道修正、1からやり直すために甘んじて民事再生を受けることを覚悟していました。

しかし、うましかなやつらはそれを私の逆恨みとばかりに自分のしてきたことを棚に上げた自分の論理を一方的におしつけてきたのです。

お金は受け取らないし、領収書も書かない。私は毅然といいました。

「それなら私たちは振り込んで帰るだけ」とあきらめたのかうましか奥様が言いました。

「強制執行を待てといったでしょう。期限守らなかったなのはそっちだから。」

それから数回のやり取りの最後に、

「もうなにもしないでね。他人だから」
といってきました。

「そうですよ。住む世界が違うんだから」
と切り替えしました。

「あんたはおりこうだからそうね。」と皮肉を言います。

しかし、馬しか息子はここで、うましかを全開にしてしていました。

「土建屋と・・・」
といきなり殴りかかってきました。馬しか奥様が私とそいつの間に立って制止します。「仕事場の前だからことを荒立てるな!」無言でそいうっているようでした。

はっきり言って恐怖はありませんでした。相手は結構体格の良いうましかです。脳より筋肉というタイプです。
どん底を見て、死ぬことされ恐れなくなっていた私は、コレがいい機会だと、殴られれば警察沙汰にできるくらいの計算をしていました。私は少し小林寺拳法などをかじっていたのでダメージを軽減するくらいはできます。

しかし、思わぬ制止に向こうも戸惑い、こっちは思わず舌打ちしてしました。おしい・・・。

しかし、脅迫されたことには違いありません。早く済ませて警察行こうと考えました。

しばらくの無言のあと、
「とりあえず、お帰りいただけますか?私はやることがいっぱいあるんで。」というと

「もう他人何だから何もしないでね」と捨て台詞をはいて去っていきました。

殴ってくれれば、もっとことを楽に運べたのにと私の心の悪魔が悔しがりました。

そして、仕事場に一時戻り、とりあえず概要説明して裁判所に戻りました。

「相手が接触してきました。とりあえず手続きは保留にしておきます」と書記官に言って裁判所を後にしました。

そしてその足でそのまま、警察署に行ったのは言うまでもありません。
あいつらは許さない、それを実行するために。

人気blogランキングへ
↑をクリックしてください!私の力になります!がんばれます。









PageTop

第28話 恐怖の午後 その3

冷静でした。

冷静すぎる自分が居ました。その裏腹、怒りと憎悪が心のそこで炎をあげているのを感じていました。

階段を下りていきます。3人は私のほうを向き、私を確認したようでした。

「何しに来たんですか、仕事場ですよ。仕事中にアポなしで来るのが貴方たちの礼儀なんですか?」

私は切り出しました。

「その前に手をポケットに突っ込んだまま、話すのはいかがなもんですかね?」とやくざもんのうましか息子が切り出しました。

まぁ、いいわ。と思い、言うとおりにしました。

「で?」

冷静に切り替えします。

「私たちは、掃除代の払い込みが送れたので、誠意のつもりで利息もつけて持ってきたんですよ。仕事は貴方は休みを取ってたから、迷惑はかけてないですよね?」

やくざもんのうましか奥様、元嫁のいとこになる人物が言い放ちました。

本当に礼儀も知らんし、うましかとしか言いようがない・・・。言葉も出ませんでした。

仕事を休んだのは、たまたまであって、職場に突然やってくることが誠意なんでしょうか?あんたたちの誠意って、迷惑の間違いではないのか?と。それに、私は代理人を立てていましたので、会う必要ない人間たちです。脅迫、脅しとしか思えません。

「仕事はたまたま休んでいただけでしょう?勝手なこと言わないでください。それに昨日伝えたはずです。調停調書に則って事を進めています。強制執行を待ってください。私は調停調書に則っているだけ。それを守らないのは貴方たちでしょ?」

そういうと、まだこちらをにらめつけ、執拗に受け取るように言ってきました。

そして・・・突然、傍らに居た元嫁が私に封筒に入ったお金を投げつけてきました。そのときは、メガネをしていたので良かったですが、そうでなければ、確実に目をやられていました。

キッと人にらみして、仁王立ちしたまま、コレが誠意かと冷ややかに思っていました。

そして、やくざもんのうましか息子が私の出した最後通告について文句を言ってきました。

職場の窓からは心配そうに皆が見ていました。

「あれはどういうことですか?」

「そのまんまの意味だよ。」そのくらいのことも理解できんのかと馬鹿にして答えました。

そうすると、いきなりこちらに踏み出し殴りかかろうとしてきたのです。

やくざもんの奥様が間に入って、やめなさいと言いながら落ちていた封筒を拾って、私に押し付け領収書を書くように強要してきました。

私は、呆れてものが言えず、いると電話がかかってきたようです。相手はやくざもんの土建業社長らしく、私が受け取らないことを告げていました。

そして私は、冷静に冷酷にことを話していました。
元嫁は私への怒りで震えているようです。しかし、私はそんなことも気にはしていませんでした。自分はやるといったらやる。

以前の私なら、このまま流されていたでしょう。
でも、このときの私は、以前の私ではありませんでした。自分でもびっくりするくらいの意志の強さと冷静さ、冷酷さを身に着けていました。

人気blogランキングへ
人気ブログランキングに登録しています↑にところをクリックしてください。コレが私の励みになります!!









PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。